公的保険は「医療保険」「年金保険」「介護保険」「労働保険」の4種類があります。労働保険について解説していますので参考にしてください。
かんたん貯金術サイト【お金貯め〜る】 楽しく、かんたんにお金を貯めて、賢く使っちゃおう!!
Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
ホーム公的保険労働保険労災保険

労災保険について

お役立ち情報
チェック金銭感覚チェック
チェック自分に合った貯金方法
チェック一押し貯金箱
チェック年代別平均貯蓄額
チェック懸賞当選術
保険の知識
チェック公的保険
チェック各給付金について
チェック私的保険
税金の知識
チェック住民税
チェック所得税
年金の知識
チェック公的年金
クレジットカード
チェッククレジットカードの知識
投資術
チェック株式投資
チェック外国為替投資
チェック投資信託
チェック国債投資

労働者災害補償保険(労災保険)とは?

労働者災害補償保険(労災保険)とは?
労災保険とは、労働者が仕事が理由で又は通勤によって、怪我・病気・障害又は死亡した場合に、労働者やその遺族を保護するために、給付を行う制度です。
仕事中や通勤途中に起こった事故で怪我(死亡含む)や病気をした場合は、労災保険の給付対象となりますので、健康保健などを使うことはできません。
仕事中(業務上)・通勤途中(通勤途上)の災害等による病気や怪我などをカバーする保険が「労災保険」、業務外の病気や怪我などをカバーする保険が「健康保険」というような区分けでいいでしょう。
労災保険の加入条件
労災保険に加入できる人は、原則として、労働基準法にいう労働者です。
労災保険が適用される事業所で働く労働者は、その勤務時間や勤務形態(正社員、パート・アルバイト、嘱託、日雇い労働者など)にかかわらず、労災保険の加入対象になります。
つまり、適用事業所に雇用される労働者は、原則として、労災保険の加入者(被保険者)となります。
事業主、自営業者(個人事業主)、家族従事者(青色事業専従者等)などは労災保険に加入することはできません。
労災保険の適用要件
労災保険の給付を受けるためには、「業務上又は通勤途上の事由による病気や怪我である」ということ必須条件です。
前記の条件を満たして、かつ、労働基準監督署長に認定されることにより、労災保険の給付を受けることができます。
業務上とは?
では、「業務上」、とはどういった場合を指すのでしょうか?
労働者災害補償保険法では、「業務上」の定義を明確に規定していませんが、厚生労働省が規定し、条件を満たした場合に「業務上」と定義しています。
通勤途上とは?
労働者が、住居と就業事業所の場所との間を、合理的な経路及び方法により往復することをいい、一定条件を満たした場合に、「通勤途上」と認められます。
労災保険の給付金額
労災保険の給付には、「療養補償給付」と「休業補償給付」、「障害補償給付」、「傷病補償年金」、「遺族補償給付」、「介護補償給付 」、「死亡給付」があります。 怪我の程度、傷病の程度などによって、給付金額・給付割合は変わります。
▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。
Copyright (C)2011-2012 かんたん貯金術サイト【お金貯め〜る】.All Rights Reserved.