本サイトでは、税金の中でも個人の所得に課税される「所得税」のことについて解説していますので参考にしてください。
かんたん貯金術サイト【お金貯め〜る】 楽しく、かんたんにお金を貯めて、賢く使っちゃおう!!
Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
ホーム所得税

所得税【しょとくぜい】

お役立ち情報
チェック金銭感覚チェック
チェック自分に合った貯金方法
チェック一押し貯金箱
チェック年代別平均貯蓄額
チェック懸賞当選術
保険の知識
チェック公的保険
チェック各給付金について
チェック私的保険
税金の知識
チェック住民税
チェック所得税
年金の知識
チェック公的年金
クレジットカード
チェッククレジットカードの知識
投資術
チェック株式投資
チェック外国為替投資
チェック投資信託
チェック国債投資

所得税について

所得税
所得税は個人が得た所得(給料など)に対して課税される国税です。
税金額の計算は、年収をベースに計算され割り出されます。
給料所得とは?

給料所得とは?

所得税は年収全体に課税されるわけではありません。
給与所得控除といって、収入額に応じてある一定の必要経費を引くことが認められています。
この給与所得控除を給料から差し引いた金額が給与所得になります。
【給与所得の控除額】
給与年収
(源泉徴収票の金額)
給与所得の控除額
金利 ・3年間固定金利
・最低金利保証0.05%
・利払い日は半年ごと
中途解約 ・発行から1年経過すればOK
・解約直前2回分の利息が差し引かれる
金利 ・3年間固定金利
・最低金利保証0.05%
・利払い日は半年ごと
中途解約 ・発行から1年経過すればOK
・解約直前2回分の利息が差し引かれる
中途解約 ・発行から1年経過すればOK
・解約直前2回分の利息が差し引かれる

外貨預金のリスク

外貨預金のリスク

為替手数料
外貨預金を預け入れたり、引き出したりするには、「円を外貨に」または「外貨を円に」換えなければなりません。
この通貨変換には手数料がかかります。
預金につく利息より、為替手数料が高くなってしまっては本末転倒です。
為替手数料は各銀行によって違うのでくれぐれも注意を!!
為替差損
銀行に預け入れたときよりも円が安くなったときは利益(為替差益)がでます。
しかし、預け入れたときよりも円が高くなったときには損(為替差損)が出てします。
外貨預金は、円が高いときに預け入れて、円が安いときに引き出すのが鉄則です。
預金保険制度の対象外
外貨預金は保険制度の対象外です。
日本の銀行に日本円で預けている状態で、もし銀行が破綻した場合でも国が1,000万円まで預金を保護してくれます。
しかし、外貨預金の場合は、もし預金している銀行が破綻した場合には預金は保護されません。
外貨預金の流れ

外貨預金の流れ

1.【銀行に口座を開設する】
「取り扱っている外貨」や「利息」、「手数料」などは、銀行によって違います。
ネット銀行は、一般の銀行よりも手数料が安く、24時間取引が可能という銀行も多いのでチェックしておきましょう!!
2.【外貨を選ぶ】
外貨には、「米ドル」や「ユーロ」、「英ポンド」など数種類の通貨があります。
どこの国の通貨で預金するか選びましょう!!
「利息」は重視しますが、それだけではなく「為替手数料」や「国の情勢」などもチェックしましょう!!
3.【預金の種類を選ぶ】
外貨預金には、「普通預金」と「定期預金」があります。
もちろん定期預金(長期)の方が金利は高くなります。
「国の情勢」や「リスク」などから総合的に判断しましょう!!
メニュー
アンケート オークション アフィリエイト ダブルワーク
株式投資 投資信託 個人向け国債 外貨預金
▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。
Copyright (C)2011-2012 かんたん貯金術サイト【お金貯め〜る】.All Rights Reserved.